忍者ブログ



フィギュアをつくろう!!競技用のロボットをつくろう!!いろんなモノの製作過程を紹介しよう。

12/15

Fri

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05/16

Fri

2014

国力要因て何枚必要なん?


先に結論だけ言うと
 →最低でも17枚突っ込んどけ(ドローカード入っているの前提で)

 
 
さて、ふと気になったので計算してみました。
既出か?ただ俺はこれ系の記事を見たこと無いような‥?

■前提
とりあえず条件として、先行5ターン目に表3裏2を置くことを条件としよう。
(`・ω・´)

流れ的には

A)ターン数と配備、ドローの流れ
 1ターン : 国力表配備 : 初期手札5枚
 2ターン : 国力裏配備 : 2ドロー(通常ドロー+裏配備ドロー)
 3ターン : 国力表配備 : 1ドロー
 4ターン : 国力裏配備 : 2ドロー(通常ドロー+裏配備ドロー)
 5ターン : 国力表配備 : 1ドロー

B)引いた枚数と、国力要因の必要枚数
 1ターン : ドロー数 5枚   : 必要表国力 1枚
 2ターン : ドロー数 7枚   : 必要表国力 1枚
 3ターン : ドロー数 8枚   : 必要表国力 2枚
 4ターン : ドロー数 10枚 : 必要表国力 2枚
 5ターン : ドロー数 11枚 : 必要表国力 3枚

C)国力要因を引かなければいけない確率
 1ターン : 1/5   (0.20)
 2ターン : 1/7   (0.14)
 3ターン : 2/8   (0.25)
 4ターン : 2/10 (0.20)
 5ターン : 3/11 (0.27)

Cの計算から、5ターン目に3枚目の表国力を置く時が一番つらいのがわかります。
※カッコ内の数値が大きいほど国力要員数がたくさん必要。

11枚中3枚を国力要因に当てなければいけないということは‥

50枚デッキでは 50/11×3=13.6 小数点以下繰り上げて14枚必要

‥本当に?
感覚的にはもっと多くないと回らないような気がする。
要因としては2つ。

 1)国力要因を国力以外に使っちゃう
 2)デッキ内で国力要因のカードが均等にバラけているとは限らない
 
■実測(?)
とりあえず、上記1による確立変動を廃するために、国力要因は信念で使わない事にしますw
(*´ω`)

国力要因X枚を含む50枚デッキの中から同時に11枚のカードを引いた時、3枚の国力を引く確率は

国力要因枚数 3枚の国力を引く確率 5試合とも国力が揃う確率
11      47%
12      54%
13      61%
14      67%
15      73%
16      77%
―――――――――――――――――――――
17      82%         37%
18      86%         47%
19      90%         59%
20      92%         66%
21      94%         73%
22      95%         77%

最初は計算してたんですが、よくわからなくなったので最終的にプログラムで数千回ドローを実行して確率を見ました。
(´・ω・`)誤差はいっても、±2%程度だと思います。
 
■デッキ構築やプレイングによる違い

・ドロー系カードを増やしたら国力少なくてもいいよね?

   →5ターン以前に、
    1ドローできるカードを4枚積んでいれば、3枚の国力を引く確率は5%くらい上がる。
    2ドローできるカードを4枚積んでいれば、3枚の国力を引く確率は8%くらい上がる。
    ※ドロー後、捨てるカード枚数は関係ない
 
・国力要因を国力以外に使っちゃったら!?
   →ターンの経過で使わなくなったカードをあてがいましょう。
    そんなカードない?手札の主力を置けば良かろう(ゲス顔)

・この数値正しいの?
    →目安で使ってね。デッキやプレイングによっても違うので。
    →全国大会上位者のデッキと見比べて見ても良いかも。

■結論
5試合するとして、全試合で国力が揃う確率が50%を超えるには最低17枚くらいがいいでしょう。
これは、ドロー系が入って+5%上方修正されるのが前提です。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

管理人のツイート

最新コメント

[05/11 勾花网]
[05/11 格宾网]
[05/11 胶管]
[05/11 衡水人才网]
[05/11 镀锌石笼网]

Copyright © SUWA模型 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]