忍者ブログ



フィギュアをつくろう!!競技用のロボットをつくろう!!いろんなモノの製作過程を紹介しよう。

11/23

Thu

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01/13

Mon

2014

今、最後の表面処理をしていますが、使っていて良さそうなものを覚書。

■序盤 紙やすり(三共の空研ぎヤスリ 多分・・・)
1)目がつまりにくい
目がつまりにくいだけでストレスが無くて全然使いやすい。
作業スピードがぜんぜん違う。

180って書いてあるけど、触ってみるとそんなに荒く感じない。
型番か?このあたりはよくわからない。
(;´・ω・)


■中盤→終盤 スポンジヤスリ
タミヤじゃなくて、3Mとかでもいいと思う。

1000番がいい感じ。
最初は適度に削れるし、くたびれてくると研磨剤の角が丸くなるのか仕上げの磨きにも使える。
(と思っている今のところは・・・)

局面に沿って曲がるので、紙やすりと比べて以下の点が良い。
1)局面に対して紙ヤスリだと縁が擦れて局面にスジがついてしまう。
紙ヤスリでも気をつければ問題ないが、スポンジだと気にしなくても作業が進められる。

2)局面にフィットするので、局面の整形が滑らかで自然になる。
まぁ、1000番だから整形に限度はあるけど・・・


↑だとエッジを残したいところで使いすぎると角が丸まりすぎてモッサリする。
(´・ω・`)

エッジを残したいところででは、序盤で使った紙やすりの目の細かいのがいいと思う。
タミヤで400、600、1000番をセットにしたものがあるもよう・・・
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

管理人のツイート

最新コメント

[05/11 勾花网]
[05/11 格宾网]
[05/11 胶管]
[05/11 衡水人才网]
[05/11 镀锌石笼网]

Copyright © SUWA模型 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]